カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違いとは何でしょか?実は、クレジットカードにもカードローンを付けることができます。この場合、クレジットのキャッシング枠を増額するのではなく、別にカードローンを発行します。このカードを作る際には、クレジットカードの入会審査とはまた別にカードローンの審査を受けなければいけません。クレジットカード本体の審査より、若干厳しい審査が行われます。しかしクレジットカードの審査もカードローンの審査も、個人の信用情報と属性が審査されるので、審査基準はさほど変わりません。ではなぜ2回も審査を受ける必要があるのでしょうか?クレジットカードは基本的にショッピングクレジットがメインとなっています。たとえばある時計をクレジットで購入した際、完済するまでは商品の所有権はクレジット会社がもっています。そのため審査が緩めになっています。しかし、カードローンはクレジットカードとは異なり、個人の信用だけをもとにしてお金借りることになります。そのため貸金業者の立場からみてクレジットよりもカードローンの審査がやや厳しくなるのは、カードローンが完全な無担保個人融資であって、個人の信用度だけで借り入れ金額を設定しているからなのです。

また、カードローンとクレジットカードは金利が異なります。クレジットカードのキャッシングの金利はカードローンよりも若干割高となっているので、上手に使い分けることができるでしょう。

Comments are closed.